RRPDB_REPOSITORY_J
研究成果発表データベース
検索画面


検索キー 発表者名, 所属部署名=組込みシステム技術連携研究体

検索結果 (125件HIT)
前へ  1  2  3  4  5  次へ 

成果分類 題目 発表者 発表年月
 誌上発表   Formal Specification based Automatic Test Generation for Embedded Network Systems   崔 銀惠、他  2014.05 詳細
 著書・刊行物   Temperature Dependence of Intermediate-Range Orders Through the Glass Transition and Their Self-Organization   小林 比呂志  2013.10 詳細
 誌上発表   A Formal Semantics of Extended Hierarchical State Transition Matrices using CSP#   山形 賴之、他  2013.09 詳細
 口頭発表   Structural and Vibrational Aging of a Glass at a Contant Temperature   小林 比呂志  2013.07 詳細
 口頭発表   恒温のガラスにおける構造および振動エイジング   小林 比呂志  2013.03 詳細
 誌上発表   On Accelerating SMT-based Bounded Model Checking of HSTM Designs   孔 維強、他  2012.12 詳細
 口頭発表   On Accelerating SMT-based Bounded Model Checking of HSTM Designs   孔 維強、他  2012.12 詳細
 口頭発表   恒温のガラスに存在する構造緩和と振動緩和   小林 比呂志  2012.10 詳細
 誌上発表   Test-Case Design by Feature Trees   北村 崇師、他  2012.10 詳細
 口頭発表   恒温下のガラスに存在する構造緩和と振動緩和   小林 比呂志  2012.09 詳細
 口頭発表   ガラスの自発的エイジングにおける配置エントロピーと振動エントロピー   小林 比呂志  2012.09 詳細
 口頭発表   ガラスの恒温下における構造緩和と振動緩和   小林 比呂志  2012.08 詳細
 口頭発表   Formal semantics of extended hierarchical state transition matrix by CSP   山形 賴之、他  2012.08 詳細
 口頭発表   ガラス点移転近傍高粘度測定装置の開発   小林 比呂志  2012.07 詳細
 誌上発表   Formal semantics of extended hierarchical state transition matrix by CSP   山形 賴之、他  2012.07 詳細
 誌上発表   Structural and vibrational relaxations at spontaneous aging in glass   小林 比呂志  2012.03 詳細
 誌上発表   モデル検査の適用プロセス   早水 公二  2012.01 詳細
 口頭発表   モデル検査の適用プロセス   早水 公二  2012.01 詳細
 誌上発表   Interpretation of STM by CSP   山形 賴之、他  2012.01 詳細
 口頭発表   リングバッファ上の系に対する確率的対称性簡約   関澤 俊弦、他  2012.01 詳細
 口頭発表   ケーススタディ: Herman の確率的自己安定化アルゴリズムの状態削減と検証   関澤 俊弦、他  2011.12 詳細
 口頭発表   On the crispness of omega and an arithmetic with a bi-simulation in a constructive naive set theory
 
 矢田部 俊介  2011.12 詳細
 口頭発表   消防防災用無人ヘリコプタシステムの研究開発   森川 泰、他  2011.12 詳細
 イベント出展   検証クラスター「さつき」と検証サービス   西原 秀明、他  2011.11 詳細
 口頭発表   Development of Formal Model Based Test -Toward Automatic Testing Framework for Embedded Systems-   安藤 崇央、他  2011.11 詳細
前へ  1  2  3  4  5  次へ 
問い合わせ先: aist-seikadb-ml@aist.go.jp